限定クーポン

かんたん予約

ブログBlog

2017.10.25 縮毛矯正・ストレートについてのQ&A hairtrees溝の口溝の口トゥリース縮毛矯正

Q何で私はクセ毛なの?

溝の口縮毛矯正

Q.何で私はクセ毛なの?

 

A、癖毛にはいろんな説がありますが・・。

 

・幼少期は、さらさらストレート。学生時代野球をしていてずっと坊主。大学に入って髪を伸ばし始めたら、くるくる・うねうねのクセ毛になった。 バリカンで坊主にしてたから頭皮が傷んでクセ毛になった。 はたまたその逆の説も。

・クセ毛は曲がってるし、剛毛だし、育毛剤をつかっても奥まで浸透しない。栄養も行き届かないから薄くなりやすい。

 

 

皆さんも一度は聞いたことがある噂ではないでしょうか?

それは、ほぼほぼ誤解なのです!!

 

まず、皆さんはなんで、癖毛があるのか

 

ご存知ですか?

 

それは、毛根の形の違いなんです。

 

クセ毛は、”毛根の形” によって多くく影響されます。  毛根がすでに曲がった状態の時、髪は曲がって生えてきます。

日本人のクセ毛の多くはこのタイプです。

 

このように曲がって生えてきた髪は、髪の中に水を吸収しやすい部分と、吸収しにくい部分があります。

吸収しやすい部分は髪が良く伸びますが、吸収しにくい部分は髪が伸びずらいです。  そうすると、一本の髪の中で、伸び縮みの差が出来てしまい、髪のうねりや縮みとなるのです。

 

ここまで、大丈夫でしょうか?  少し専門的な話ですがなるべく分かりやすいようにお伝えします!

眠くなったらまた明日続きを見てください。

 

では。もう少しいきますよ。

 

 

毛根の形で曲がって生えてくるといいましたが、ここで矛盾するポイントがあります。

もともと、頭皮に対して毛根はまっすぐには作られていないのです。

 

え?はい?     となった方。決しておかしくはありませんよ。

 

 

 

クセ毛の原因は毛根だけではないのです。      早く言ってよぉ~

 

もう一つは、”毛穴の形” です。  髪は毛穴の形に沿って生えてきます。

日本人の毛穴の形は、正円系~楕円形です。

正円系が約10%   楕円形が約90%です。

なので、ほとんどの方がクセ毛なんですね!  直毛はほんの一握りしかませんね。

日本人の約7割がクセ毛で悩んでいるという事がよくわかりました。

 

 

 

 

そして、髪が濡れている時と、乾いている時でも、クセの出かたが違うのは、クセ毛の方はかなり実感していると思います。

それはなぜか?? 説明しますね!  はいそこ!おしゃべりしない!

 

 

えーと。なぜ、濡れてる時と、乾いてる時でクセの出かたが違うのか。

それは、”水素結合の影響が強いクセ毛”だからです。

水素結合とは何ぞや?  髪には、・水素結合・イオン結合・シスチン結合・ペプチド結合という4つの結合があります。

左から弱い順番です。 水素結合は水に濡れただけで切れる一番弱い結合です。  それが切れることによって、乾いていた時にクセが出てたのに、濡れるとまっすぐ。という現象が起こります。

簡単に説明するとこんな感じです。

 

 

その他、クセ毛の原因と言うのは、加齢と共に皮膚の厚みが薄くなったり、硬くなったり(水分量低下)、しわが寄ったりします。

髪は皮膚がこのように変化すると、毛根や毛穴が圧迫されたりして歪んでしまうため、髪が生える時に、うねりが出てきたり、それが原因でパサつきやすくなったりします。

ただ、このような症状はヘッドスパや、頭皮ケアで血行やリンパの流れを良くして、皮膚の代謝(ターンオーバー)を活性化させたりすることによって、頭皮環境が健全に保たれるので、改善することができます。

=クセの発生を抑えられるという事につながってきます。

 

このように、一言で”クセ毛”といってもいろんなタイプのクセ毛があり、名前も”波状毛”・”捻転毛”・”縮毛”と3個に分かれています。

hair treesで縮毛矯正や、ストレートパーマを施術する際は、まずお客様の悩みを聞き、”どのぐらいのストレートにしたいのか”や”ダメージ具合”によって薬剤を選び施術に入りますので、安心してお任せください。

溝の口縮毛矯正

まっすぐ過ぎないストレート

ストレートにしたいけどボリュームは落としたくない

などなど、ニュアンスで大丈夫ですので、担当スタイリストに悩み相談してください。