限定クーポン

かんたん予約

ブログBlog

2016.9.23 スタッフブログ 清水大樹

美容室のカラーは何が違うの??

 

こんにちは!

 

 

今日もあまり天気は良くないですね

 

 

こんな日なんで、今回は皆さんが一度は疑問に思ったことを

 

 

清水が更新していこうと思います!!

 

 

 

ホームカラーは何がいけないのか!!!

 

 

 

みんな思ったことがあるはず。

 

 

ホームカラーにも美容室のカラーにもメリットがあります。

 

 

 

美容室の場合

 

□ムラなく染まる

□髪が痛みにくい

□希望通りの色になる

□塗り分けや特殊なカラーも出来る

□色持ちがいい

 

 

ホームカラーの場合

 

□安くて早い

□育児中などで美容室にいけない

□自宅でいつでも出来る

 

ですが、やはり安くて早いのにはそれなりに理由があります。

 

 

美容室で使う薬剤には


IMG_2646.JPG

 

 

ファッションカラー、白髪染め、ブリーチにマニキュアなど

 

たくさんのカラー剤の中から選定できて

 

薬の強さも変えることが出来ます。

 

 

 

ホームカラーの場合には

 

 

 

ファッションからー、白髪染めの色の種類が少ない

 

基本自分で塗るのが前提なのでムラになりにくいような色味

 

誰でも同じになるように薬も強く設定してあります

 

 

 

 

ホームカラーと美容室で大きく違うのは

 

 

誰が塗るか。

 

 

と言うことです。

 

 

 

ホームカラーは自分自身で塗るのが前提です。

 

なので、本当は根元だけ・毛先はダメージの少ない物

 

を使ってやらないといけないのに

 

自分でやると塗りわけが出来ません

(僕もやったことがありますが出来ませんでした。。)

 

 

なので既に生えていた髪は更にダメージを受けてボロボロ

 

 

 

美容室では

 

塗りわけはもちろんやります!

 

多いときは3種類の薬を使い分けて塗ったりします。

 

カラー剤の何が髪にダメージを与えるか知っていますか

 

 

 

ずばり!!2剤です!

 

 

2剤は過酸化水素(オキシドール)を使っていて

 

髪の毛を明るくする力があります。

 

 

 

濃度で6%、4.5%、3%、2.4%、2%とあります。

 

濃度が濃いにつれてダメージが大きくなります。

 

 


市販のカラー剤にも同じのを使っているのですが

 


ホームカラーの場合、基本6%を使っています。

 

 

美容室ではこの2剤を使い分けているので

 


ダメージはもちろん色持ちを良くさせています。

 

 

ここまででホームカラーと美容室の違いが

 

お分かりいただけたかと思います。

 

 

ホームカラーの失敗談は良く耳にします。

 

 

ブリーチしたけど何かムラムラ

 

黒染めしたら色が抜けない

 

などなど。。。

 

こういった理由でホームカラーはオススメできないです。

 

treesではカラー剤も良いものにこだわっており

 

 

一切手を抜いていません!!

 

 

中でも他のお店であまり取り扱ってない

 

 

【和漢彩染】

 


IMG_2651.JPG

 

これは白髪染めのお薬なのですが

 

和漢植物のみを使用していて、薬品は一切使われておりません。

 

このような粉状の物に加えるのはのみ!!


IMG_2650.JPG

 

 

明るくすることは出来ませんが

 

ノーダメージ、ハリコシが出て頭皮にも優しい

 

更に植物なので臭くない!!

 

 

白髪染めで頭皮がしみる、ニオイが気になる方は

是非一度お試しください


 

instaglamもやってます

 

ホームページもどうぞ

IMG_2652.jpg

 


face book